ミノキシジルタブレットの服用は一生もの?やめたらどうなる?

2019年9月16日

ミノキシジルの服用をやめたらどうなる?

薬は大まかに、根本的な原因を取り除くものと症状を抑えるものの2種類にわけることができます。
根本的な原因を取り除くものは取り除き終えれば服用をやめることができますが、症状を抑えるものは服用しなくなれば症状が進行してしまうため、一生服用しなければなりません。

ミノキシジルタブレットは効果を得やすい薬ではありますが効果を得た後、服用をやめることができるのか、それとも一生服用し続けないといけないのか、どちらなのでしょうか。

ミノキシジルタブレットの服用をやめると?

服用をやめると?

ミノキシジルタブレットを服用すると、その作用から抜け毛や薄毛に対して効果を感じることができます。
細かった毛が太くしっかりとした毛に変わり、抜け毛がなくなり毛量も増えていきます。

そうなると「もうミノキシジルタブレットの服用はいらないのでは」と思ってしまうもの。
しかし、効果を得られたからといって一気に服用をやめてしまってはいけません

育毛はミノキシジルによる血管拡張・血流増加により十分な栄養が毛髪にいき渡ることで可能となります。
効果があったからと一気に服用をやめてしまうと、ミノキシジルによって行われていた血管拡張・血流増加が行われなくなり、毛髪に栄養がいかなくなって以前のような細い毛に戻ってしまいます

やめるにはどうしたらいい?

服用をやめるにはどうする

ミノキシジルタブレットの服用を一気にやめてしまうと服用前のもとの状態に戻ってしまいます。
じゃ、一生飲み続けないといけないの?」と思うかもしれませんが決してそうではありません。

ミノキシジルタブレットを服用で効果を得られたあとは、「頭皮環境を整える→徐々に量を減らす」というやり方で服用をやめることができます。

頭皮環境を整えよう

ミノキシジルタブレットは生活習慣や食生活、喫煙習慣などによって悪化した頭皮環境をよくする効果があります。
生活習慣が乱れていると、規則正しい睡眠が行えず体の疲れが取れません。すると、体調不良や血行不良を起こしてしまい、頭皮環境が悪くなり毛髪に十分な栄養を送ることができません。
ジャンクフードや脂っこい食事ばかりを食べていると、皮脂の分泌が増えたり、体にとり入れる栄養がなかったりと頭皮環境を悪くしてしまいます。
喫煙習慣はニコチンや一酸化炭素により動脈が硬くなってしまったり収縮してしまったりしてしまうため、十分な血液が頭皮に運ばれなくなり頭皮環境を悪くしてしまうのです。

こうした生活や習慣を見直すことで、ミノキシジルを服用しなくても頭皮へと血液を運び、毛髪に十分な栄養を与えることのできる頭皮環境を整えることができます

また、頭皮環境は頭皮の血流が重要となってくるため、生活や習慣を改善したうえで運動などをして血行をよくするという方法もオススメです。

徐々に服用量を減らしていこう

生活を見直して頭皮環境を整えた後は、徐々にミノキシジルタブレットの服用量を減らしていきます

ミノキシジルを服用することで100%の栄養を運べていたのが、一気に服用をやめてしまうと運べる栄養が極端に減ってしまいます。
そのため、2日に1回、3日に1回と徐々に服用量を減らしていくようにしましょう。


PAGE TOP